授業づくりJAPANの「日本人を育てる授業」

わたしたちは誇りある日本人を育てたい。真の国際派日本人を育てたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東郷平八郎

■安達弘先生の「小学校歴史人物学習 <なってみる日本史>」の紹介を続けます。
「東郷平八郎」は「日清戦争と日露戦争」の授業(全5時間)の3時間目、「日露戦争」の授業の1時間目です。
これは安達先生のブログ「授業づくりJAPAN YOKOHAMAプライマリー」から転載しています。

安達先生の授業は文科省推薦のアクティブ・ラーニングの歴史授業版です。
また、B4用紙裏表印刷のプリント(ワークシート)1枚だけで学習できる画期的なスタイルによって、
ユニバーサルデザインを実現した歴史授業としても定評があります。
誰でも成果が出せる授業であり、誰もが意欲的に学習に取り組める授業です。
 

■横浜の小学校6年生の思考力・表現力がみごとです。
 全国の先生方、ぜひ追試してみてください!


教育・学校 ブログランキングへ
クリックお願いします!

-------------------------------

         東郷平八郎

-------------------------------

 日露戦争の学習の第1時となる。
 東郷平八郎を取りあげる。

東郷平八郎肖像
東郷1

『日露戦争の学習の1時間目です。東郷平八郎について学習しましょう』



<ワークシート・第1ページ>

★下の絵は日露戦争でこれから日本海海戦にのぞむ戦艦・三笠の艦橋のようすです。
この絵を見て気づいたことを箇条書きで書き出してみましょう。

三笠艦橋図
東郷2


児童からは以下のような気づきが出された。そして、それに対して適宜、解説を加えた。

「真ん中に偉い人がいる」

「東郷平八郎だと思う」
『その通り、東郷平八郎です』
子どもたちはこの東郷に関連して「左に剣を下げている」「右手に何かを持ってる」など、東郷の持ち物にも興味を示す。
そこで剣はサーベルという西洋の剣であることから、日本が西洋に学んで軍隊を作ったことや、右手に持っているのは双眼鏡であることを教える。

「黒い服の人に中に白い服の人が混ざっている」
『黒い服の人は将校と言って位の高い人たちで、白い服の人は水兵さんです』

「煙が出ている」
『この煙で当時のエネルギーが石炭であることがわかります』

「布団のようなものがたくさん巻かれている」
『これは水兵さんたちが寝るときに使うハンモックです』(写真を見せる)

「旗があるけれどどこの国のものかわからない」
『これはZ旗と言います。たいへん重要な意味を持っています』

その他にこんな意見も出てきた。
「みんな険しい表情をしている」
『これから戦争が始まる直前なのでその雰囲気が伝わってきますね』

「天気がとってもいい」
「煙がたなびいているので、風が右から左へ吹いているのがわかる」

天気晴朗なれども波高し・・・に関連する意見まで出てきた。
その他「望遠鏡かな?」と距測儀に気づく子もいる。距離を測る道具であることを教える。

また、奥に続く船の存在にも気づく。
そこでこの当時の海戦は味方の船が一直線に並んで戦うものであることにも触れておく。

戦艦三笠
東郷3

ハンモック
東郷4



<ワークシート・第2ページ>

★日本の運命を変える日本海海戦

①薩摩出身で西郷さんとはご近所
 東郷平八郎は薩摩(いまの鹿児島県)出身です。幕末から明治維新まで活躍した西郷隆盛とはご近所でした。平八郎は先輩の西郷隆盛やその弟・従道に勉強を見てもらったり面白い話を聞かせてもらったりして少年時代をすごしました。

②連合艦隊司令長官になる
 その後、海軍に入った東郷は日露戦争の始まる前に連合艦隊司令長官になりました。現場を指揮するリーダーとなったのです。東郷と同じくリーダーになれる力をもっている人は何人かいましたが、日本の運命を決める日露戦争を間近にひかえ「強い運をもっている」と言われる東郷が選ばれたのです。
 
③バルチック艦隊
 東郷平八郎がひきいる連合艦隊はロシアの2つの大艦隊のうち太平洋艦隊はすでに
壊滅させていました。しかし、もう一つのバルチック艦隊が遠くヨーロッパを出発したという情報が入りました。バルチック艦隊が決戦の地へ到着するには6ヶ月かかりました。
 この間に、連合艦隊は作戦を何度も練り直し、大砲を正確に射撃する猛特訓をくり返し
ていました。
 迎え撃つ準備をしているときの東郷の悩みはこのバルチック艦隊がどこを通ってくるかわからないことでした。対馬海峡ルート・津軽海峡ルート・宗谷海峡ルートの3つが考えられます。しかし、この3カ所すべてに戦力を分けてしまうと力が弱まってしまいます。どこか1カ所にすべての戦力を賭けるしかありません。東郷は「バルチック艦隊は対馬海峡を通る」と予想してこの周辺を警戒しました。そこへ「敵艦見ゆ」とバルチック艦隊発見の連絡が入ったのです。東郷はやはり「運の強い」人だったのです。

④Z旗
 連合艦隊の旗艦である戦艦・三笠に乗り込んでいた東郷は出発を命じ、本部に「艦隊見ゆとの警報に接し連合艦隊はただちに出動、これを撃滅せんとす。本日天気晴朗なれども浪高し」と電報を打ちました。
 東郷はバルチック艦隊を見つけると、
三笠にZ旗を掲げました。これは、
「皇国ノ興廃、コノ一戦ニ在リ。各員一層奮励努力セヨ」(日本が生き残るか滅亡するかはこの戦いで決まる。全員がさらに気持ちを高め、努力してこの戦いにいどめ!)という意味です。

Z旗
東郷5



<ワークシート・第3ページ>

★東郷平八郎になって考えよう―反航戦か同航戦か

 もし、日本がこの海戦で敗れると制海権をロシアに奪われ、日本から中国大陸へ兵士や武器、燃料や食糧が運べなくなってしまいます。日本の輸送船はことごとくロシアの戦艦の攻撃を受けて沈められてしまうでしょう。
 そんなことになれば、日本の負けは決まったも同然です。
 ですから、この海戦は絶対に勝たなければなりません。また、たとえ勝ったとしても相手を全滅させなければ意味がありません。2~3隻でもロシアの戦艦が残ってしまえば、日本の輸送船はやはり攻撃を受ける可能性が高くなるからです。

 じつは当時の海戦は主に2つの戦い方がありました。反航戦と同航戦です。

   
①反航戦・・・お互いにすれちがいながら相手に向けて大砲を撃ちます。
東郷6

②同航戦・・・お互いに同じ方向に進みながら大砲を撃ちます。
東郷7

 
 さて、日本の連合艦隊はロシアのバルチック艦隊とどちらの戦法で戦うか、意見が分かれていました。
 あなたがリーダーである東郷平八郎なら、どちらを選びますか?


◇あなたの意見を書いてみましょう。あとでみんなで話し合ってみましょう。

 意見分布は以下のようになった。

      反航戦   同航戦
1組・・・  15人    9人 
2組・・・  20人    9人

 主な意見を見てみよう。

<反航戦>
「ぼくは、反航戦がいいと思います。すれ違いに撃っているから運がよければ当たらない。東郷は運がいいから当たらないはず」

「同航戦だと大砲の数はバルチック艦隊の方が多いと思うので、撃ち合いを続けたら負けてしまうかもしれないので、反航戦の方がいいと思う」

「同航戦だと相打ちになったり、戦力が高いロシアに1隻ずつやられてしまうかもしれない。反航戦ならこっちが残るかもしれない。反航戦ならば1隻1隻の強さがバラバラでもバランスよく戦える気がする」

「反航戦に賛成です。理由は同航戦だと、ずっと攻撃できるけれど、相手は最強の国だから勝てるとは思えない。反航戦にすればすれちがう一瞬にたくさん攻撃すれば相手から逃れられる」

「反航戦です。同航戦だと戦っている時間が長いので、まともに勝負することになる。それだと相手は最強なので勝つのは難しい。反航戦なら少ない時間にすべてを賭けられる。それに日本は練習しているので、確実に当てられるはず」


<同航戦>
「同航戦がいい。反航戦では、すれ違うときは時間が少ししかない。バルチック艦隊を完全に倒す前に通りすぎてしまうかもしれない。日本は撃つ練習をしているし、運もいいので、平八郎なら堂々と勝負しても勝てるはず」

「同航戦の方がいい。理由はこの戦い方をすれば相手との速度がほとんど同じで反航戦に比べて大砲の当たる確率が高くなるからです。相手は6ヶ月も船に乗り続けているので大砲を撃つ集中力もほとんどなくなっていると思う」

「同航戦です。なぜなら、ロシアの船が2,3隻でも残ったらダメだから、残す確率を低くするために同航戦にした方がいい。大砲を正確に当てるためにはその方が可能性が高い」

「日本はバルチック艦隊を全滅させなければならない。反航戦では一瞬しか戦えないけれど、同航戦では何度も打てるから全滅させやすい」

『じつは、ここまで反航戦がいいか?同航戦がいいか?と話し合ってもらいながら,こう言うのも何ですが・・・じつは東郷はどちらも取り入れたというか、第3の方法を使ったんです。では、その戦法を見てみましょう』



<ワークシート・第4ページ>

★日本海海戦での勝利-敵前大回頭と丁字戦法

 Z旗を掲げたとき、バルチック艦隊との距離は12000㍍でした。
 このまま行けば、連合艦隊はバルチック艦隊に対して平行したまますれ違い、反航戦の状態になります。
 ところが、距離が8000㍍まで近づいたとき、東郷は船の針路を大きく変える指示を出しました。バルチック艦隊の先頭を押さえるような形で左へカーブしたのです。のちに「敵前大回頭」(トーゴー・ターン)と呼ばれる指示でした。
 これは丁字戦法(またはT字戦法)と呼ばれています。大きくカーブするために、船は速度が落ちて相手にねらわれやすく危険です。しかし、味方の大砲をすべて1点に集中して攻撃できる利点もあります。

丁字戦法
東郷8


 予想通り、バルチック艦隊は先頭の「三笠」に攻撃を集中しました。しかし、ロシア側の砲撃はほとんど当たりませんでした。ターンの間、相手の砲撃にじっと絶えていた連合艦隊はついに攻撃を開始し、丁字戦法から同航戦となりました。
 連合艦隊の射撃は正確でした。バルチック艦隊の主力艦である「スワロフ」「オスラビア」「アレクサンドル3世」などを撃沈し、ほぼ全滅させたのです。日本側の一方的な勝利となったこの日本海海戦は世界中を驚かせました。この海戦での勝利によって戦争終結にむけて大国ロシアとの交渉が可能になったと言ってよいでしょう。

日本海海戦図
東郷9

東郷10

 その後、東郷は負傷して捕虜となったバルチック艦隊のリーダーであるロジェストヴェンスキーのお見舞いに長崎県の病院に出向きました。このとき、東郷は6ヶ月の苦難の大航海を成功させたにもかかわらず惨敗したロジェストヴェンスキーにねぎらいの言葉をかけたと言われています。また、海に投げ出されたロシア兵の多くが、日本軍の救助活動によって助けられました。

『戦艦三笠は今も見ることができます。横須賀の三笠記公園にありますから、よければ見に行ってみてください。京浜急行の横須賀中央駅から歩いて15分ぐらいです』

三笠記念公園
東郷11


子どもの感想を見てみよう。

*やはり、思っていたとおり日本はすばらしい。世界一に勝った上にロシア軍を助けてあげたなんて、もう言葉にできない。

*日本人は戦った相手を最後は助けるというのがすごい。平八郎は丁字戦法を選んだわけだか、そうとう自分の運に自信があるんだなと思った。

*日露戦争に勝てたのは東郷平八郎さんのおかげだと思いました。ロシアに勝てたのはすごい!日本は頑張れば勝てるんだと思いました。

*東郷平八郎のこの戦法は本当にすごくて感動しました。ロシア兵を助けた日本兵のこの心こそが今の日本に必要なのではない思いました。

*ロシア兵を助けたのはすごい優しいと思います。昨日勉強したイギリス人船長とは大違いだと思いました。でも負傷させられてねぎらいのことばをかけれれたロジェヴィンスキーは悔しかったと思うけど、日本人の賢さと優しさは伝わったと思います。

*ロシアは強い国で、かなわないと思っていたが、勝って日本はもう世界と肩を並べたと言っていいと思う。これに負けていたら今の日本はどうなっていたのか心配になった。やはり、昔の軍人はすごいと思った。
スポンサーサイト
小村寿太郎 | Home | 陸奥宗光

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。